アプリケーション別Illustratorデータ制作の注意事項
以下の内容は、弊社データチェック時に確認を致しかねる内容となります。
恐れ入りますが、データ制作時及びご入稿前には十分ご留意いただきますようお願い致します。


 Lineup
トンボとヌリタシの作成方法 仕上り罫について
フォントのアウトライン作成方法 リンク画像の確認
画像の粗さ判断基準とモアレについて リンク画像の埋め込み
スミの濃度の違いによるご注意事項 1色面の作成と確認方法
オーバープリントについて スミ100%のオブジェクト使用時のご注意事項
折り目・ミシン目・スジ入れの設定方法 極細線のご注意事項
縦型デザインにおける天地関係の注意点 両面印刷の表裏関係
スクリーンショットにつきまして ページ物のデータ作成について
 
  トンボとヌリタシの作成方法 ( 仕上がりサイズの設定方法 )  
illustrator Illustratorには、トンボを作成する機能 ( トリムマーク ) がありますので、そちらを利用してトンボを作成します。


 
■ トリムマーク ( トンボ ) の付け方は下記をご参考ください
Illustrator8~CS3 IllustratorCS4 IllustratorCS5 IllustratorCS6
トンボとヌリタシ

 Illustratorによるヌリタシの作成方法
画像・線・図形など仕上がり線にかかるものは全て延ばす・拡大などしてヌリタシを上下左右3mmずつつけてください。

 ヌリタシが正しく設定されている場合

 塗り足しが正しく設定されていない場合


 Illustratorによるトンボの作成方法
step1 ツールパレットの長方形ツールを選択します ( 塗りと線ともに色なしに設定 )
ツールパレットの長方形ツールを選択します(塗りと線ともに色なしに設定)
step2 長方形ツールで仕上げサイズを設定する
長方形ツールを選択した状態でイラストレーターの画面上をクリックすると数値入力ウィンドウが現れますので 仕上げサイズを入力します。
※ここでは仮にA4サイズのトンボを作成するとして、297mm×210mm と入力します。

長方形ツールで仕上げサイズを設定する
step3 「フィルタ」より「トリムマーク」を選択する
(2)で作成したオブジェクトを選択した状態で(3) 「 フィルタ 」 → 「 クリエイト 」 → 「 トリムマーク 」 を選ぶと トンボ ( トリムマーク ) が作成されます。
※ IllustratorCS4の場合は、 「 効果 」 → 「 トリムマーク 」 を選びます。
「フィルタ」より「トリムマーク」を選択する



 ご注意下さい
イラストレーターでトンボを作成するのに
「 オブジェクト 」 → 「 トンボ 」 がありますがこれは 印刷データとして適切ではない ので正しく印刷できません。
上記にてご説明させていただきました通り、必ず 「 トリムマーク 」 をご使用下さい。
ご注意下さい


  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  仕上がり罫について  
下図のように仕上り位置を実線にて設定されますと、商品にもその線が印刷されてしまいます。
また、断裁時の小さなズレにより線が見える部分と見えない部分がでてきてしまう恐れがあります。
※ 仕上がり入りはガイドライン(定規の機能)にてご確認ください。
仕上りサイズ(トンボ)とヌリタシについて



  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  フォントのアウトライン作成方法  
パソコン上で入力される文字には様々な文字情報が存在します。この文字そのものは作成されているパソコン本体から読み出されているため作成ファイルのやりとりだけでは文字が正しく表示されないこと(文字化け)がほとんどです。そこで文字のアウトライン化をすると文字情報がなくなり、図形化されることで、文字化けの発生を防ぎ、正しい印刷物を制作することが可能となります。ファイル受け渡しの際の重要なルールのひとつです。
illustrator Illustratorには、フォントのアウトラインを作成する機能がありますので、そちらを利用してアウトラインを作成します。
Photoshopは、フォントのアウトライン作成は必要ありませんが画像(レイヤー)の統合が必要となります
Photoshopの画像(レイヤー)の統合について詳しくはこちら
Office系ソフトはアウトラインをとることができません
office系ソフトのフォントのトラブルはこちら
 Illustratorによるフォントのアウトラインの作成方法
step1 ロックの解除
アウトライン化する前に、ロックがされていないかチェックをします。

step1-1 レイヤーのロックを解除
レイヤーのロックを解除

step1-2 「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択
※「すべてをロック解除」がグレーで選択できない状態になっていることをご確認下さい。
「オブジェクト」→「すべてをロック解除」を選択
step2 アウトライン化

step2-1 すべてを選択
「選択」→「すべて」を選択し、 すべてのオブジェクトを選択します
すべてを選択
すべてを選択

step2-2 アウトライン作成
すべての選択を保ったまま
「文字」→「アウトライン作成」を選択します
アウトラインを作成

すべてを選択
以上でアウトラインの作業は終了です



 ご注意下さい
アウトライン化するとフォント情報が失われます。よって「上書き保存」をすると後に再度そのデータの編集が大変困難になりますので、保存をするときは必ず「別名で保存」を選び、「アウトラインしたもの」と、「していないもの」とを区別できるファイル名にしておくことをおすすめいたします。
印刷データご入稿時にはくれぐれもアウトライン化したデータをご入稿くださいませ。

 
  パスの多いデザインにおける注意点  
パスの多いデザインは、ラスタライズ処理を行い、画像やテキストのアウトラインデータをビットマップ
(ドット)化してください。パスやその他効果(ぼかし、ドロップシャドウ等)を多用した複雑なデザイ
ンデータは、正常に展開・印刷が行われない場合がございます。
ラスタライズが施されておらず、ご入稿ファイルを正常に処理できない場合、弊社よりデータ修正および
再入稿をお願いさせていただく場合もございます。十分ご注意くださいませ。
 
 Illustratorによるラスタライズ効果の設定方法
step1  
オブジェクトの選択
対象のオブジェクトを選択してください。
step2  
ラスタライズ効果の設定
[オブジェクト]→[ラスタライズ]→[ OK ]
ラスタライズ  
カラーモード CMYK
解像度 その他(300Ppi)
背景 透明
特色を保持 チェックをオフ
ラスタライズ前 ラスタライズ後(1枚の画像になります)
ラスタライズ例
以上でラスタライズの設定は終了です。
 ご注意下さい
ラスタライズ化するとアウトライン情報が失われます。よって「上書き保存」をすると後に再度そのデー
タの編集が大変困難になりますので、保存をするときは必ず「別名で保存」を選び、「ラスタライズした
もの」と、「していないもの」とを区別できるファイル名にしておくこと
をおすすめいたします。
印刷データご入稿時にはくれぐれもラスタライズ化したデータをご入稿くださいませ。

 
  リンク画像の確認  
画像のリンク切れを防止するために、イラストレーターのレイアウトデータと同じフォルダ(ご入稿用のフォルダ)にレイアウト上でリンクされた(使用している)画像をすべて入れてご入稿下さい。
※埋め込み配置をいただいている場合は、レイアウトで埋め込み(使用している)された画像のご入稿は必要ございません。
リンク画像の確認

 リンク画像の確認と修復方法
step1
step1-1 リンクパレットを表示
「ウィンド」>「リンク」を選択する
リンクの確認

step1-2 リンクパレットでリンク画像の状態を確認
下記のようにリンク画像が切れている状態の場合、正しく印刷されません。
次のstepで修復方法をご説明いたします。
リンクの確認方法

step2 リンク画像が切れってしまった場合の修復方法
step2-1 イラストレーターのレイアウトデータと同じフォルダにリンク画像を入れる
これでリンクは復帰します。
すべてを選択 上記にてなおリンクが切れている場合は、リンクされているファイル名が変わってしまっていることが考えられますので、ご確認下さい。


  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  リンク画像の埋め込み  
Illustrator CS/CS2でリンク画像にEPS形式のデータをご使用の際は、必ずEPS画像を埋め込んでください。Illustrator CS/CS2の不具合により、印刷時に意図しない白線が入ってしまう場合がございます。

 リンク画像の埋め込み方法
step1
リンクパレットを表示
「ウィンド」>「リンク」を選択する
リンクの埋め込み方法1
step2
パレットメニューを表示し、リンク画像を埋め込む
リンク画像を選択し、パレットメニューから「画像を埋め込み」を選択する
リンクの埋め込み方法2

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  画像の粗さ判断基準(解像度)とモアレについて  
 画像の粗さ判断基準
画像をできる限り鮮明に印刷するために、弊社ではデータ制作時の画像解像度について以下のようにおすすめしています。

 画像解像度についての豆知識(おすすめしている事項)
画像解像度は350dpi(dpi=dots / inch)以上を推奨させていただいております 。
画像の拡大や縮小は画像の劣化につながりますので、画像の作成や修正をいただく場合は、最終的に使用するサイズの一回りぐらい大きいサイズで作成ください。
画像解像度が高い場合でも、元データの品質により仕上がりは異なってまいります 。

上記ご留意いただき、データ制作時のご参考にしていただければ幸いです。
なお、弊社ではご入稿いただいたすべてのデータについてデータチェックを行わせていただいておりますが、上記にご紹介させていただいた画像解像度についてはデータチェック時には確認させていただけておりません。原則として、ご入稿いただいたデータの画像が粗い状態でも完全データとして印刷工程へ入らせていただきますので、デザインデータ制作時には画像解像度には十分ご留意ください。

弊社にて画像データの文字が読めないと判断させていただきました場合のみ、お客様へご連絡をさせていただくことがございます。この場合、ご連絡差し上げた内容に対してのお返事・ご指示をいただくまでの間、工程を一時ストップいたしておりますので、予定納期での商品発送をさせていただくことができません。恐れ入りますが、ご了承くださいませ。
通常は完全データとしてそのまま印刷工程に入らせていただいているため、同じ画像をご使用いただいた複数のご注文や追加ご注文の場合でも、すべてをご連絡させていただくことができない可能性がございます。併せてご了承くださいませ。
  解像度(粗さ)による品質の違い(例)
OK
画像の荒さの判断基準その1

OK
画像の荒さの判断基準その1

OK
画像の荒さの判断基準その1



 印刷におけるモアレ
印刷では、写真のような階調を表現するために網点を用います。(つまり、色の濃さを規則正しく配置された点それぞれの大きさで表現します。) このため、印刷された写真をもとに原版を作成して再び印刷すると、網点のピッチの違いや、ピッチが同じでもわずかな傾きによってモアレ(縞模様が入ったように見える状態)が発生することがございます。モアレの出た写真は、見栄えがあまりよくありませんので十分ご注意くださいませ。

 画像処理におけるモアレ
コンピュータによる画像処理においても、画像は画素とよばれる縦横に周期的に配置した点に分解して表現することから、印刷と同様なモアレが発生する可能性がございます。特に画像処理の過程で画素数の少ない画像を縮小・変形した場合に発生しやすくなります。また、処理する画素数と表示する画素数が異なる場合にも発生することがございます。 さらに、写真などをスキャナで入力する場合にも写真とスキャナの分解性能の差次第でモアレの発生する場合がございます。
モアレ現象

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  1色面(スミ)の作成と確認方法  
step1 IllustratorにてカラーモードがCMYKになっているかを確認
(ご確認いただくにはPhotoshopをご使用いただく必要があります。)
「ファイル」>「書類のカラーモード」がCMYKカラーになっていることを確認

「ファイル」>「書類のカラーモード」がCMYKカラーになっていることを確認
step2 IllustratorデータからTIFFデータに書き出し

step2-1 「ファイル」>「データ書き出し」を選択
「ファイル」>「データ書き出し」を選択
step2-2 TIFFオプション
すべてを選択  
カラーモード CMYK
解像度 その他(150dpi)

step3 PhotoshopにてTIFFデータを開く
step3-1 K(ブラック)版の表示・非表示を確認


step3-2 K(ブラック)版のチェックを外す・・・OKの場合
K版のチェックを外して真っ白な状態ならOK

step3-3 K(ブラック)版のチェックを外す・・・NGの場合
K版のチェックを外しても色が入っている場合はNG

対策法の例 K(ブラック)1色にする方法はこちら

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  スミの濃度の違いによるご注意事項  
スミベタのオブジェクトの上に背景がブラックの画像を配置した場合、画面上では差がないように見えてもブラック部分の濃度差が違う場合、画像の縁が印刷されてしまいます。

背景と画像バックの濃度が違うため、境界線がはっきりと印刷されてしまいます。
背景色と画像バックの濃度が同じであるため、なじんだ状態で仕上がります。(境界線ははっきり目立つことはありません。)
ブラックの濃度の違い ブラックの濃度の違い

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  スミ100%(スミノセ)のオブジェクト使用時のご注意事項  
 スミノセの色設定についてのご注意
写真や文字などのオブジェクトとスミ100%のアミが重なったレイアウトの場合、システム上オーバープリント設定になるため、右図(1)のような仕上りになってしまいます。(下層にある写真や文字、イラストなどが透けて見える状態)

 透過を避けるための解決方法
どうしても透過を避けたいという場合にはいくつかの方法がありますが、図の(2)または(3)のようにK(ブラック)以外のCMYのいずれかに1%でも色を加えることで透過を避けることが可能です。

【ご注意】
スミノセによる透過現象は、写真画像のほかにも文字やイラストなどの場合にも同様に起こってまいりますので、データ作成の際には十分ご注意くださいませ。
透過現象その3
  透過現象その1

透過現象その2

※これらの画像はわかりやすくする為、擬似的に透過の現象を表現してます。

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  オーバープリントについて  
 オーバープリントについて
オーバープリントの設定を行うと意図しない仕上りになる場合がございますので、オーバープリントの設定は行わないでください。

ご注意ください チェックは入れないでください。透過現象その2属性パレットの「塗りや線」のチェックは入れないでください
  透過現象その1
 オーバープリント設定の確認
step1 「画面」>「オーバープリントプレビュー」

step2 変化がないか確認

※オーバープリントのチェックがない場合、「オーバープリントプレビュー」でも変化はおこりません。

※オーバープリントのチェックがついている場合、「オーバープリントプレビュー」にすると、上記のような変化がおこります。
※これらの画像はわかりやすくする為、擬似的に透過の現象を表現してます。

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  極細線(ヘアライン)のご注意事項  
「線幅がゼロ(空欄)」のライン(罫線)のことをヘアラインと呼びます。画面やプリンタでは、ある程度の太さのある線として表現されますが、本機による印刷では、かすれたり消えてしまったりします。罫線には必ず線幅を設定してください。 ヘアラインが含まれたデータの場合も、データチェックにて確認させていただく内容の対象にならず、ご入稿データ通りでの進行となりますのでご注意下さい。 また、線幅が「0.3pt」以下の設定の場合、ヘアラインと同様、かすれなどの原因となりますのでご了承下さいませ。

ご注意下さい 極細線の設定

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  折り目・ミシン目・スジ入れの設定方法(ご指示方法)  

印刷物に折り目・ミシン目・スジ入れなどの加工をされる場合、加工位置については下記の方法にてお客様よりご指示いただきますようお願いいたします。
仕上げ内に存在する線・オブジェクトはとらずに残したままの状態となりますのでご注意ください。
なお、ミシン目について斜めのミシン目加工のご対応はいたしかねますのでご了承下さい。

 折り目線・ミシン目線・スジ入れの設定方法

 
illustrator illustrator
詳しくはこちら
Photoshop Photoshop
詳しくはこちら
 

illustrator

印刷物に線を印刷しない場合
印刷物にミシン目加工があり、仕上げ内にミシン目の印刷などを残さない形での仕上げをご希望される場合は、下記のようなご指示をお願い致します。

ミシン目の場合
ミシン目の設定方法
用紙の端から端まで加工する形であれば交差・複数本のミシン目加工もご利用いただけます。
( 折り加工など他の加工との組み合わせもご対応させていただけます。)
 
  ※ ミシン目加工位置は用紙の端から最短でも6mm 以上の間隔が必要です。
※ 複数本加工の場合、ミシン目同士は2mm 以上の間隔が必要です。
※ 11本以上の加工をご希望の場合、別途お見積りとなりますので弊社カスタマーセンターまで
   お問い合わせください。メールでのお問合せはこちらから
   
誠に恐れ入りますが、用紙に対して斜め方向のミシン目加工には、現在のところご対応しておりません。
 


折り加工の場合
両面印刷の場合の加工指示は、下記の要領で両面共にご明記下さい。
折り目の設定方法
※画像をクリックすると拡大表示されます。


スジ入れの場合
両面印刷の場合の加工指示は、下記の要領で両面共にご明記下さい。
スジ入れの設定方法
※画像をクリックすると拡大表示されます。

ご参考(スジ入れ加工の凹凸について)  
折り目の設定方法 スジ入れは、表面が凹(裏面が凸)になるように加工を施す形が標準となります。



加工の指示線は、仕上げの外側(ヌリタシの外)にご入力下さい(「表面「裏面」のご指示もご入力お願いいたします)。また、トラブルが起こらないために「折り目」・「ミシン目」・「スジ入れ」など適当な文字のご記入をお願いします。
※センタートンボは、中心を把握するために必ず必要です。センターより移動されますとトラブルの原因となります。データ制作時にはご注意くださいませ。
※仕上げラインのギリギリにつけられますと断裁時のぶれなどによって線が残ってしまう恐れがございます。

※PDFデータでのご入稿の場合は、PDF保存後、ご指示事項が反映できているかについて、念のため必ずご確認いただいた上でご入稿くださいませ。

加工指示線ご作成時の注意事項


 印刷物に線を残す場合(線の上に折り目やミシン目加工がされます)



ご注意下さい このように仕上げ内にミシン目を示す線などがあると、そのまま印刷されてしまいます。

折り目やミシン目などのご指示がない・不明な場合、作業を一旦ストップして確認させていただくことになります。そのため発送日が遅れる可能性がございます。ご留意下さいませ。

スタンプカードや往復はがきなどのオプションでスジ入れ加工などが含まれているものに関しては、お客様の特別なご指示がない場合、従来のスジ入れ部分に加工を行います。

  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  両面印刷の表裏関係  
両面印刷を希望されるとき、作成データからの表裏関係判断が困難な場合がございますので作成データ(トンボの外など)に天地指定の表示を御願いします。

ご注意下さい 天地指定が無い場合、基本的に画面上で見られる画像で天地を判断し、次のような表裏関係で合わせていきますのでご了承ください。天地のご指示




 合わせ面のパターン
通常、天地指定なしでの両面印刷での合わせ面パターンは以下の4パターンになります。
合わせ面のパターン

 表裏関係のご指示の方法
天地の向きにつきましては、原則「合わせ面パターン」でご案内通りの、表裏関係で印刷を行わせていただいておりますが、ご入稿の際にはスクリーンショット(jpeg)にて、下記「天」「地」のご指示をいただきますようお願い申し上げます。
なお、ご指示が無い場合「天」「地」の確認のためお伺いさせていただくことがございます。ご確認させていただいた場合、納期にズレが生じてくる可能性がございますのでご入稿の際にはご協力くださいませ。
(ご指示いただきました天同士、地同士を合わせて印刷をさせていただきます。)


  データ作成上のよくあるご質問に戻る
  縦型デザインにおける天地関係の注意点  
縦型のデザインデータの印刷に加工をご希望される際は、特に天地の関係性にご注意ください。天地指定の表示を必ずお願いいたします。
(ご指定がない場合は、データ不備として進行がストップする可能性が高くなります)

 
例えば、このような仕上がりに したい時は…
   

※天と天、地と地の位置を合わせて両面印刷いたします。

縦型デザインの加工用に対応した各サイズのテンプレートもご用意しております。
弊社テンプレートを是非ご利用ください。

テンプレートはこちらからダウンロードいただけます


  データ作成上のよくあるご質問に戻る
 
  ページ物(冊子・カタログ)のデータ制作について  
ページ物の場合「右綴じ」「左綴じ」「天綴じ」の3種類の綴じ方向での作成となります。
綴じ方向は作成されるデザインによって違ってきますが、通常右綴じは縦書き文書を基本とする場合、左綴じは横書き文書を基本とする場合、という使い分けがなされます。天綴じは、天が綴じられカレンダーや伝票などによく使われる綴じ方です。
作成されたデータは「見開きページずつ」または「単ページずつ」での入稿を承っております。下記の図をご参考に、お客様のご都合に合った形式でご入稿くださいませ。

 見開きページでの制作
見開きページは下図のようにそれぞれ綴じ方向にあった配置で作成してください。
右綴じの場合
左綴じの場合
天綴じ
 

データ内にノンブル(ページ番号)が無い場合はページの順番・綴じ方向が分かるようにトンボの外などにご記載いただくか、もしくはファイル名にページの順番の指示をご明記ください。
ページ番号記載例1 ページ番号記載例2

 単ページでの制作
単ページの場合、左右の配置等特にありませんがファイル名にページの順番の表示いただくとともに、ご注文時に「ご注文フォーム」にて綴じ方向をご選択下さい。
単ページの場合

※「ご注文フォーム」の綴じ方向選択欄
綴じ方向のご指示


 天綴じデザイン表紙・裏表紙の天地関係の注意点
天地を合わせたときの見本
表紙・裏表紙の天地関係は、弊社標準の上図の通り逆の状態でデータを作成ください。
デザイン上、原則の天地関係と異なる形でレイアウトされた場合は、天地関係について別途ご指示をいただくようお願いいたします。ご指示がない場合、進行をストップし確認をさせていただくこととなり当初納期より遅れが生じます。

※Officeご注文でWeb入稿の場合は、入稿データと別途、天地関係のわかる指示書をフォルダ内にまとめてご入稿くださいませ。また、ご入稿データをお客様確認用JPG画像に変換しお客様へメールにて送信しております。天地のご確認も合わせてご注意いただくようお願いいたします。

※Officeご注文でメディア入稿の場合、原則、メディアと同封いただいておりますお客様見本(プリントアウト)を元に天地のご確認をさせていただき、進行いたします。(データ変換時にプリントアウトと比較し、問題がある場合に限り弊社よりメールにてご連絡いたします)

 
  スクリーンショット(印刷見本)につきまして  

現在のところ、スクリーンショットのご入稿は必要ございません。(スクリーンショットのご入稿をいただいた際も、スクリーンショットとの照合確認はいたしておりません。※1)データ入稿時のお手間の軽減のため、ご確認・ご了承下さいませ。

加工位置や天地のご指示につきましては、データ内にご指示をいただけますようお願いいたします。

天地指示について

加工指示について

※1 弊社ではサービス開始後、スクリーンショットのご入稿をおすすめしてまいりましたが、多くのご利用をいただいてきた中で、テクニカルガイドに沿ってデータを作成いただければ、トラブル発生の経験はほとんどございません。



  データ作成上のよくあるご質問に戻る