よくあるご質問

今までのoffice系データ入稿と何が違うの?

最適な印刷用データに変換できるプリントパックオリジナルのアプリケーションをご用意しました。(もちろん無料でご利用いただけます。)専用アプリをダウンロードいただき、お客様のPCで変換していただくだけで、ご入稿前にその場で仕上がりイメージのご確認をいただけます。(従来はご入稿いただいたOfficeデータを弊社にて印刷用データに変換し、メールでお送りした確認用画像を確認の上、お客様よりお返事をいただく時間が必要でした。専用アプリで変換されたデータを事前にお客様のPC上でご確認いただくことで、上記の時間が必要なくなり、大幅なスピード向上を実現しました。
またこれにより、当日翌日発送コースなどの短納期商品を含め、ご対応商品・サービスも大幅に増え、ご安心&スピーディーにご利用いただけるようになりました。

他のソフトで入稿は可能?

現在のところMicrosoft Officeデータ(word・excel・powerpoint・publisher)を  
中心に、専用アプリの変換で下記のソフトのご対応も可能となりました。
一太郎(JUSTSYSTEMS社)・花子(JUSTSYSTEMS社)・パーソナル編集長(筆まめ社)
その他のソフトもより幅広くご対応させていただけるよう準備中です。
上記以外のアプリケーションでのご利用をお考えの際は、お問合せ窓口よりご相談ください。

※Mac環境で作成されたMicrosoft Officeデータにつきましては現在のところご対応させていただけておりません。恐れ入りますが上記データでの印刷がご希望の場合は、Windows環境にて印刷用データに変換いただき、変換後のデータを十分ご確認いただいた上でご入稿ください。

変換って難しくない?

専用ソフトをダウンロードしていただくだけで簡単に印刷用データをその場で変換いただけます。プリントアウト感覚でお手元のデータを印刷用データに一発変換、すぐに出来上がった印刷用データをご自身でご確認いただけるので安心です。

ダウンロード・インストール手順について

支払い方法や注文方法は一緒?

ご注文方法はこれまでと変わりありません。(作成アプリケーションの項目で「OfficePrint」をご選択下さい。)

詳しくはこちらをご覧ください。

また、お支払い方法も従来と同様、銀行振込・代引き・クレジット決済・ペイジー・ご来社支払いよりお選びいただけます。

印刷物と変換データの色味の違いはある?

Microsoft Officeデータは、印刷専用ソフトではないためRGBカラーでデータが作成されています。専用ソフトから変換されたデータ入稿の場合もネイティブデータ入稿の場合と同様、弊社にてカラーモードをRGBからCMYKに変換する際、色目が変わる場合がございます。(また、カラーモードの変換の際、赤みの色目が強く表現される傾向がございます。)色にシビアな商品は、色校正オプションがお勧めです。  

RGBとCMYKについて

色校正オプションについて

ソフトのダウンロードはどうすれば出来る?

インターネット環境に繋がってさえいれば、どなたでもダウンロード・インストールいただけます。ダウンロード・インストールについて詳しくはこちらを参照ください。
※ダウンロードいただくには、ユーザー登録が必要です。ユーザー登録はこちらから。

ダウンロード・インストール手順について

OfficePrintで注文した場合、今まで通り仕上り確認画像をメールで送ってもらえる?

OfficePrintでデータ変換をいただいた場合、お客様のお手元で変換された印刷用データがそのまま仕上がりイメージとしてご確認いただけますので、仕上り確認用画像のメールをお待ちいただく必要はありません。ご入稿前にご確認いただけますので、より安心、スピーディーにご利用いただけます。

ソフトはお金がかかるの?

完全フリー(無料)でご利用いただけます。また、クライアント様やお知り合いの方への配布もご自由に行っていただけます。

変換すると元のデータは消えてしまうの?

いいえ、元のデータもお手元に残りますのでご安心ください。変換いただいたデータは、従来のWeb入稿と同じ方法でご入稿いただけます。(これまでお断りをせざるを得なかったExcelデータも、専用アプリで変換いただければWebからのご入稿をいただけます。どうぞご利用下さいませ。)

データはどうやって入稿するの?

データご入稿方法につきましてはこちらをご確認くださいませ。

支店へのデータ持込もできる?

印刷用データに変換されたデータでのご入稿も、もちろんご対応可能です。これまでのネイティブデータ入稿よりも、店内でスピーディーに確認用プリントアウトをご覧いただけます。

フライヤー・チラシだけでなく、カタログなどの冊子(ページもの)も変換できる?

はい、ページ数の多いデータほど専用ソフトでの変換をおすすめしています。これまではページ数が多いデータほど、弊社でのデータ変換・チェックに多くの時間を要してきました。カタログなどのページものを専用ソフトで変換してご入稿いただければ、ネイティブデータよりデータ確認のご報告に要する時間を大幅に短縮することが可能となります。